teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:19/101 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

白山人類学第7号が刊行されています。

 投稿者:平山 眞  投稿日:2004年 5月27日(木)11時36分48秒
  通報
  白山人類学研究会の機関誌『白山人類学』第7号が刊行されています。

内容は

巻頭言:新たな編集方針…………………………………末成道男    1
客としての鬼―中国浙江省象山県の事例より…………銭 丹霞    3
本地宗族との関係からみた外来戸の移住について―陝西省関中平原地域の村落に関す
る事例報告…………………………………………………田村和彦   14
父系親族成員と部外者:ある漢人宗族の養子縁組
         ………ジェームス・ワトソン(秦 兆雄訳)  48
〈かたる〉カミを巡る人類学的考察
―山形県庄内地方における口寄せ巫女とカミオロシ
             ……………………………平山 眞    70
大正知識人の煩悶と自己形成
     ―沼波瓊音の思索、信仰をめぐって……… 土屋 久   85
六十年代マラヤ華人社会における文学史創出期について
       ……………………………………………桝谷 鋭   103
ベトナム村落における儒教的要素.…………………… 末成道男   114
トゥアティエン‐フエ省アルォイ県の《タオイ族》
   ―地域集団パコーについて………………………本多 守   135
ベトナム中南部少数民族の説話の分析(1)………… 本多 守   153
研究会要旨………………………………………………………………  165
『白山人類学総目次』…………………………………………………  176

となっております。ご入り用の方はお知らせ下さい。1部2000円(税込み、送料別)で頒布いたします。
 
 
》記事一覧表示

新着順:19/101 《前のページ | 次のページ》
/101