三九会談話室


カテゴリ:[ なんでもフリートーク ]


36件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[42] RE:望月さんへ

投稿者: 本田 哲郎  投稿日:2018年 6月10日(日)00時39分13秒 210.146.86.222  通報   返信・引用   編集済

> ご退院、おめでとうございます!良いお医者さんと巡り合ったようですね。私の弟は膀胱がんで亡くなりましたが、弟の話では、原因の一つが古い放射線治療機で焦点を絞れず周りの健全な組織も壊されていたと嘆いていました。今は医者の経歴や施術結果のデータも開示されているので、何かあれば、病院ではなく頼みたい医者で、決めたいと思っています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 望月 様

 弟様は本当に、お気の毒でしたね?!  せっかくの「治療」がよくない方向に向いたとは?! 弟様、望月様の嘆きが察せられます。
おっしゃるように、医者選びは「病院」ではなくて「医者」だというお考えに、小生も大賛成です。

 小生はよく、悪友達から「病気のデパート」と言われていますが、自分の処世術として、身体の部位別に今自分が住んでいる場所の周辺で、最も評判が高くて、その部位の権威者であると言われている先生(医者)を選ぶことに専念すべきであるという考え方で、病院を選んでいます。   したがって、まず病院の規模とか国公立病院であるとか大学付属病院であるとかということよりも、その自分が悩んでいる部位の一番信頼がおけるような医師の居る病院とまず考えるようにしています。  その医師の「仕事場」が小さい個人病院でもクリニックでもよい、その部位の権威ある医師(先生)の「門」を叩くという主義です。

 したがって、確定申告の時期になりますと、今年はこの部位(例えば、脳外科、胃腸科、心臓外科、糖尿病、整形外科、消化器科、皮膚科、泌尿器科など)、それぞれ異なる病院、クリニックの領収書の数が多い有様になっています。   それでも自分としては、自分がわからない、無知の分野の身体の内部の問題だけに、「信頼する医師に任せる」という安易な姿勢ですが、これこそが老い先短い人生の処世術としてよいのではないかとか考えています。  アチコチ行くより総合病院の方が便利であると言われていますが、小生は面倒でも、それぞれの部位ごとに罹る病院を別に持っている、つまり、部位ごとに主治医をこちらから予め決めているということにしています。
 都会では選べばきっとご自分が満足する「医師」に巡り合うチャンスがあると思います。 今は医師自身で、セカンドオピニオンを了解している時勢ですので、ご自分で気に入る先生(医師)を丹念に探すことが、後悔しない必要要件と思われます。

 今回の前立腺の手術も、予てからかかっていた鹿児島県では一番の権威でもあると思われている泌尿器科の個人病院でしたが、主治医の先生も重鎮の先生が自ら執刀していただき、自分としてはとても満足であり、結果も良好でありました。



[40] 本田哲郎さんへ

投稿者: 望月 富雄  投稿日:2018年 6月 9日(土)17時12分19秒 KD027095181076.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用

ご退院、おめでとうございます!良いお医者さんと巡り合ったようですね。私の弟は膀胱がんで亡くなりましたが、弟の話では、原因の一つが古い放射線治療機で焦点を絞れず周りの健全な組織も壊されていたと嘆いていました。今は医者の経歴や施術結果のデータも開示されているので、何かあれば、病院ではなく頼みたい医者で、決めたいと思っています。お大事に!!

http://www.39kai.club



[38] 前立腺肥大症での入院・手術。

投稿者: 本田 哲郎  投稿日:2018年 6月 6日(水)04時14分50秒 194085.146210.kansai-bb.com  通報   返信・引用

 39会の皆さんも、多かれ少なかれ、「オノコの宿命」とも言われております、前立腺肥大症の症状が出ている方々が多いと思います。
 そこで、今回、その実体験をしました前立腺肥大症の措置はいかにすべきかについてのひとつの「例」として、小生の体験を書き込みました。
既に、前立腺、膀胱などの部位での疾患で、手術や療養を経験された方もおられるでしょうが、自分は以前から肥大症であることは承知していましたが、これほど深刻な事態になっていることはよく理解できていませんでした。  この際、思い切って、「手遅れ」などの後悔がないように、予防的な措置として、手術を受けることにしたわけです。近況報告に替えて、この皆さんが悩んでおられるであろう事案についての「実体験」を書き込みました。

 5月14日から前立腺肥大症の手術を受けるために、鹿児島中央駅近くの泌尿器専門病院の新村病院に入院していましたが、本日6/5に無事退院できました。   入院前はまだ梅雨前でしたが、今日は当地周辺は「土砂ぶり]の雨の日でしたが、23日ぶりに我が家に帰ることができました。

 前立腺ガンではなかったので、今後の残尿や膀胱・前立腺炎、あるいはガンになる可能性のある、人一倍の「前立腺肥大症」であることで、今後、常にバイキンを膀胱に溜めておくことは、万病の基になるとのことでしたので、今後のことを鑑みて、思い切って手術を受けることにしました。

 結果は、今はまだ血尿が常時出ていますが、今後1~2か月は続くだろうがこれはそう異常な事ではないとのことで、ようやく退院となりました。
術前は、大体のオノコの老人は経験あることでしょうが、排尿時にいつまでもチョロチョロ出ていた尿が、今は前立腺肥大を削ぎ取ったことで、尿道が大きく確保できたのでしょう、若い日を彷彿させるほど、気持ちよく勢いをもって排尿できるようになっています。
取り出した前立腺の検体は精密検査会社に委託して詳しい細胞検査なども行ってくれました。その結果も、ガン細胞なども見当たらないということで、全くの「無罪放免」となりました。

 小生の場合、糖尿病での脳梗塞・心筋梗塞の恐れがあり、常時、「血をサラサラにする薬」を服用していますので、前立腺を手術した後の傷跡の「治り」が悪く、通常の人であれば、10日前後で退院できるのに、小生はその倍の日数の現在でも、「血尿」の赤さがまだ濃いようです。   おそらく、あと2ヶ月ほどは続くかもしれません。  人間良くしたもので、生物の本能でしょうが、自然と造血機能も働くということで、それほど心配はしていません。院内でも2度ほど採血して、血液の比重などを診てもらいましたが、大丈夫とのことでした。
 ただ、しばらくは長く歩くこと、自転車に乗ること、温泉やプールでの水中歩行などはやらないように、また重いものを持たないように、指示されました。  できるだけ、安静に保ちながら傷の回復、、身体の回復を待つ心構えです。

 病院の個室(4階)の窓からは鹿児島中央駅の九州新幹線の発車や到着などまじかに見えるほどの近い場所にあり、朝夕、ビルの谷間からこれらが眺められるほどの距離であり、時々訪れる家内も駅からは近くで、助かると言ってました。
またあの新幹線に乗って、福岡の孫娘たちにも会える日も近いなと思うことでした。

 このように、今回の手術は切迫した状況での施術ではなくて、むしろ近い将来、襲われるかもしれない重篤な病の予防的な措置であり、後で「手遅れ」とか「もっと早くに措置していたら」というような「後悔」をしないようにとの考えでの「手術」でありました。
今春、消化器(胃、十二指腸、大腸など)の内視鏡検査も一日を通して専門医に診てもらいましたが、今のところ、異常はないとのことで、今回の泌尿器科関係もこれで一安心です。  悪友たちからは「お前は病気のデパートだ!!」と酷評されていますが、このように事前に対処することにも、予てから配慮することは必要な事と思っています。
これらで、少しでも「寿命」が延びれば、万々歳としましょう。!!



[37] 酒井広朗読研究会・第15回発表会

投稿者: 河口友彦  投稿日:2018年 5月21日(月)14時47分32秒 ntchba484246.chba.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

平成30年5月20日深川江戸資料館・小劇場にて開催
白門39会常任理事の入沢頼二氏が熱演!!
演題は「左の腕」、松本清張作の語りとして5名の出演者のうちの4番目に登場いたしました。
39会からも白石会長はじめ大勢の皆さんが駆けつけ朗読を愉しみました。会場は満員の盛況で
後ろでは立ち見の姿も見られました。
趣味を楽しみ我々にも与えてくれた入沢氏に感謝したいと思います。
来年も5月5日に同じ場所で題16回を開催するとのことです。



[36] Re: 散る桜

投稿者: 望月 富雄  投稿日:2018年 4月29日(日)21時53分10秒 KD027095181076.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用 > No.35[元記事へ]

本田さん

又吉さん情報を有難うございました。今日まで彼が重篤で入院されているとは知りませんでした。早速お見舞いに伺いたいと思います。伝え残しがあるので。
本多さんの「お江戸参り」には情の厚さを感じ本多さんの親友は幸せな方々だと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

http://www.39kai.club



[35] Re: 散る桜

投稿者: 本田 哲郎  投稿日:2018年 4月29日(日)10時38分23秒 124085.146210.kansai-bb.com  通報   返信・引用 > No.34[元記事へ]

  望月 富雄さんへの返信。

桜、さくら、サクラ、、見上げれば満開の古木さくらから舞落ちる花びら、道はピンクの渦。毎年楽しみをくれる。
> 昨日は親族の葬儀で戸田まで出向いた。葬儀の中、講話で僧侶が「散る桜 残る桜も 散る桜」を紹介した。良寛和尚の句だそうだが、”明日はお前の番だぞ”と言われているようで、やり残しがないか、と気になった。葬儀から帰宅したら次の訃報が待っていた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 望月さんの感慨に同感です!!

特に、ここ2~3年、オノコの平均寿命に近づいた存在である自分の同年代の友人・知人などの突然の訃報を聞く機会が多くなっています。  田舎に引っ込んでいるだけに、関東在住時代が大学時代から職場の現役時代までと長かっただけに、多くのこれらの方々との交流が続いていますが、訃報のお知らせでもすぐに駆け付けるわけにはいかない時もあり、誠に残念でありもう一度会いたかったな!!との悔恨と共に、ほんとに「明日は我が身か?}とやりきれない寂寥感におそわれることが度々であります。

 この4月中旬から、39会の常任理事でもある又吉一成君が重い病気で入院中であることで、何とか彼が生きているうちと思い、さらにここ1年の間に親しい人が関東地方で3名もの方々が亡くなったので、彼らのご自宅にお線香を上げに、1週間ほど、いつもの通りの「お江戸参り」を行いました。

 又吉君とは卒業時、同じ会社に就職して以来15年間、自分が中途退職するまで同じ会社で奮闘した職場での「同期の桜」でもあり、小生が帰郷後も上京時には30年以上昔の同僚たちを集めて、OB会を開催してくれたほんとに得難い友人であります。  彼が昨年秋以来、重篤な状況にあるとの奥様からの知らせで、今回思い切って彼を何とか励ましたい思いでした。
 彼は皆さんもご存知のように大学時代はバレーボール部に所属して、当時森山君や木村君などと共に、中大バレーボール部の黄金時代を築き、さらに卒業後はコーチ、監督も務めた男です。
39会の総会などで校歌や中大節などを高らかに歌っていた同期生であり、ご存知に方もいるでしょう?
今回、「筆談」ではありましたが、何とか病室で彼を励ますことができて、自己満足かもしれませんが、何とかホットした次第です。

 今回はそのほかにも、2回目の就職した会社の同僚だった方へのお見舞いもあり、ほんとに慰霊とお見舞いの「旅」ではありました。
ただ、後で上京したことがわかると怒られる「輩」もいるので、時間をみては過っての仲間たちとの「集い」も行って来ました。  これも正直、楽しいひとときです。
 田舎にいても、やはり、「慶弔」というより、最近は「弔」ばかりですが、出かける機会が多く、びっくりしています。


 



[34] 散る桜

投稿者: 望月 富雄  投稿日:2018年 3月29日(木)14時53分39秒 KD027095181076.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用

桜、さくら、サクラ、、見上げれば満開の古木さくらから舞落ちる花びら、道はピンクの渦。毎年楽しみをくれる。
昨日は親族の葬儀で戸田まで出向いた。彼女は自由奔放に生き長寿全うしたからか悲しみは少ない。最近は高齢者の比率が高いからか死亡しても葬儀場の都合で何日も待たされる。この日も葬儀場はフル運転だった。葬儀の中、講話で僧侶が「散る桜 残る桜も 散る桜」を紹介した。良寛和尚の句だそうだが、”明日はお前の番だぞ”と言われているようで、やり残しがないか、と気になった。葬儀から帰宅したら次の訃報が待っていた。

http://www.39kai.club



[33] 資産運用研究会開催

投稿者: 河口友彦  投稿日:2018年 2月14日(水)15時20分52秒 ntchba163246.chba.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp  通報   返信・引用

第9回資産運用研究会 開催(2018年2月13日)

 今回の資産運用研究会の講師は、三九会会員の小山 朝信氏と清川 昭氏のお二人による講演でした。お二人とも、元証券マンとしてビジネスの第一線でご活躍された方です。
 小山 朝信氏からは、新しく資産形成することより、今持っている資産の賢い使い方を考えること。経済的な資産ではなく、「健康」、「友人」、「豊かな心」が資産であり、年齢的にも常にメインテナンスを心がけることが大切であると話されました。
 清川 昭氏からは、トランプ政権の経済政策と日本の株価との連動、世界経済を動かす力となった習近平と中国経済の話、日本のGDPと日銀の金融政策についてお話がありました。
 そして、今は社会の変化が激しい時代なので常に政治、経済の動向に関心を持つことが大切であることを話されました。
 お二人から忌憚のないお話が聞けて大変に有意義な会でした。
                        (投稿・写真共 生田直義氏提供)



[32] 箱根駅伝を強くする会選手慰労会・新年懇親会

投稿者: 河口友彦  投稿日:2018年 1月 4日(木)08時29分10秒 ntchba308145.chba.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp  通報   返信・引用

箱根駅伝を強くする会選手慰労会・新年懇親会(1月3日後楽園飯店)

2年ぶりに箱根に復帰した母校は往路10位総合15位
という結果に終わりました。
この結果に一番悔しい思いをしたのは選手だと思いますが,大学当局もようやく重い腰を上げ本腰を入れて駅伝強化に取り組む姿勢を見せてくれました。

これからも三九会は引き続き応援していきたいと思います。ご協力お願いいたします。

(写真は大村理事長・酒井総長学長・久野学員会会長・
 舟津キャプテンと一緒です。箱根路を走った選手です)

   (写真・文 生田直義氏提供)



[31] 三九会年末行事(H29.12.19)

投稿者: 河口友彦  投稿日:2017年12月19日(火)20時41分46秒 ntchba441080.chba.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp  通報   返信・引用

第1部 拡大常任理事会
 平成29年度前半の活動報告が中村幹事長からありました。
第2部 忘年会
 今年は遠方からの参加者に配慮して午後3時から開宴。
 本年も小竹副会長の名司会で楽しいひと時でした。
 会場(神楽坂ルコ)はゆったりしていてゆっくり交流できました。

( 文・写真提供:生田直義氏)


36件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.