teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


re:クラムがYouTube

 投稿者:小川真一メール  投稿日:2008年 8月16日(土)16時48分30秒
返信・引用
  ビリケンさん、ご無沙汰してます、お元気ですか。

さっとくYouTubeを探訪。
いやぁ、すごい、大量にアップされてるじゃないですか。
これは家宝、クラムも嬉しそうに演奏してるし。

http://jp.youtube.com/watch?v=RfTew3bazJA
 
 

クラムがYOUTUBE

 投稿者:ビリケン  投稿日:2008年 8月16日(土)06時31分4秒
返信・引用
  真ちゃん、ご機嫌さん。御存知あろうがYOUTUBEにクラムとEAST RIVER STRINGBANDと僕の友人のパットコンテの演奏が見れるやないの。パットの演奏を聞いてあのアランロマックスが自分が録った昔のフィールドレコーディングと間違とたというホンマもんの音楽家です。  

増えるクラム

 投稿者:小川真一メール  投稿日:2005年 1月18日(火)05時27分19秒
返信・引用
  mrtastyさん、

>なにか突然このBBSに、繋がってしまいました。

これもご縁です、これからもよろしくお願いいたします。

クラム関係のグッズって、数限りなくありますね。クラムの描いたジャケットを集めるだけでも、途方のないほどの数。
それも大好きな音楽のアルバム・ジャケットなだけに大変で、嬉しい泥沼が続いてしまいますよね。
 

なにか突然このBBSに、

 投稿者:mrtasty メール  投稿日:2005年 1月16日(日)14時30分34秒
返信・引用
  繋がってしまいました。 そうだったソルホーピーの事からだ、、、
宮崎に住むジャニスのジャケットからクラムファンになった54才です。
CSSのレコードはまってましたが、フランスに行ってからのは持ってませんし聞いてもいませんでしたので、ここで知って嬉しいです。
昨年~一昨年、ジャニスのジャケットの再版シルクスクリーンヤズーの‘70年代後期、発売のブルースカントリージャズのトレーディングカードアメリカの短い歴史ポスター、
そして再版のブルースの切り離し前の物、など増えてしまいました。
 

蒐集とは、ひねくれ者のすることだ

 投稿者:小川真一メール  投稿日:2004年12月20日(月)16時31分2秒
返信・引用
   興奮して色んなとこに書きまくってるけど、

・『ビニール・ジャンキー』ブレット・ミラノ著(河出書房刊)

 はもう最高の書。

 九章目に登場してくるのが、かのロバート・クラム。
 蘊蓄まくりのお言葉満載で、タイトルにあげた名台詞だけでなくて、
 「レコードにはそれを楽しんだひとのオーラがこもっている」
 の言葉は胸にささったです。
 

re:ベスト10の季節

 投稿者:小川真一メール  投稿日:2004年12月13日(月)02時32分8秒
返信・引用
   すわんぷさん、もうベスト10の季節なんですよねぇ。

 このところ毎年、どこまでが今年か、去年なのか、判別がつかなくなって
 きた。ボケてきた(笑)って、よりも、それほどガツンとくるアルバムに
 出逢ってないのかも。

 ベスト・ライブなら、まちがいなくジャネット・クライン嬢です。

 といったわけで、みなさんも、ぜひすわんぷさんの企画に参加してみて
 ください。
 

The Best 10 Albums of The Year 

 投稿者:すわんぷメール  投稿日:2004年12月12日(日)21時32分24秒
返信・引用
  小川さん、皆さん、御無沙汰しております。
今年も年末恒例「The Best 10 Albums of The Year」を行いたいと思います!
今年1年間でGetしたレコやCDの中からジャンルを越えた多数の御応募をお待ちしております。
(スワンプロック以外のジャンルも大歓迎です、毎年参考にさせて貰っています!)
始めての方の参加も大歓迎ですので、メールにてリスト送信を宜しくお願い致します。

それでは また

http://www.mb.ccnw.ne.jp/swamp/

 

ジャネットな夜

 投稿者:小川真一メール  投稿日:2004年11月19日(金)14時40分0秒
返信・引用
   お会いしてきました>トム・マリオン

 情報:現在使っているジャンゴ・タイプ(セルマー・マカフェリ・タイプ)のギターは、
 ジタン社製。マカフェリ・タイプの中ではそれほど高価なモデルじゃないんだけど、す
 んげぇ鳴ってました。

 今回のステージでは、ギターの他に、6弦バンジョ、マンドリンなども披露。
 マンドリンのインスト曲はかっこよかった。猛烈なスピードで繰り出されるフレーズは
 デイヴ・アポロン風。この人のルーツはどこにあるんじゃ?

 The Cheap Suit Serenadersの『Number Three』にしっかりサインを頂きました。
 それも、ボブ・ブロッズマンのサインの隣りに(笑)。
 このアルバムが、メンバー全員のサインで埋まる日は来るんだろうか、、、、
 

今、見ました。しかし。

 投稿者:ポーク  投稿日:2004年10月 8日(金)21時42分20秒
返信・引用
  遅かったです。残念。でもありがとうございます。くやしいですね。またちょくちょくさがしてみます。

 

今ヤフオクで…

 投稿者:小川真一メール  投稿日:2004年10月 6日(水)10時34分24秒
返信・引用
   ポークさん、

 今、ヤフーのオークションに、『フリッツ・ザ・キャット』に日本語版が出品されて
 ますよ〜!
 

レンタル掲示板
/11